• クィーンズザクロは種子の中を取り入れる製法で特許を取得している日本でただひとつのザクロジュース
  • クィーンズザクロは種子の中を取り入れる製法で特許を取得している日本でただひとつのザクロジュース
  • ザクロエキスで日本初の特許商品(種子入り)クィーンズザクロは100%ざくろ果実・ざくろ繊維のみでできています 香料、砂糖、着色料、保存料一切不使用・無添加

クィーンズザクロの検査分析結果

ザクロジュース(クィーンズザクロ)特許証    

発行日 平成27年8月26日

特許公報(B2)


◆特許番号 : 特許第5770462号

◆発明事項 : 種子入りザクロジュースの製造方法、その製造方法から成る種子入りザクロジュース 及び前記種子入りザクロジュースを使用して成るザクロ

◆特許取得日: 2015年7月3日


無農薬のイラン産赤ザクロ黒ザクロを使用したザクロ種子繊維質成分、タンパク 質、ブドウ糖、果糖、ミネラル類、ナトリウム、ポリフェノールを含み、種子の 繊維質にエストロゲン類が付着してあり、また種子入りザクロジュースはポリフェノールが100ml中2.0g前後含むこと、またブリックスが65%+1%であることを特徴とする種子入りザクロジュースの製造法が認められました。

本発明の製造法により、エストロゲン(エストロゲン様活性物質も含む)繊維質、ミネラル、糖質などが損なわれることなくザクロシュースを製造することが可能である。 エストロゲン3画分(エストロン、17B−エストラジオール及びエストリオール)について、RIA法で分析したところ、参考値ではあるが種子入りザクロジュース1〜1000pgレベルでの検出が確認された。なお、薬事法に接触するので具体的な数値は伏せる。 (特許公報から一部抜粋)

クィーンズザクロの検査分析結果

残留農薬一斉分析 -検出せず


環境研究センター 報告日:2017年12月7日
31000670-001
分析項目 分析結果
残留農薬一斉分析(210項目) GC/MS方(厚生労働省通知の試験法に準ずる) 全項目検出されませんでした。

放射性物質濃度 -検出せず


環境研究センター 報告日:2017年12月18日
31000775-001
核種 放射性物質濃度
ヨウ素131
セシウム134
セシウム137
検出せず


製品分析値



>>

Brix


±68


PH

3.4 - 3.9


sugar


無し


栄養表示成分


(株)食環境衛生研究所 報告日:2015年11月11日
15110519-2
検査項目 結果(100g中) 分析方法
エネルギー 277 kcal 計算法
水分 30.1g 減圧加熱乾燥法
タンパク質 0.7 g ケルダール法
脂質 0.7 g 酸分解法
炭水化物 67.6 g 計算法
糖質 66.4 g 計算法
食物繊維(総量) 1.2 g 酸素一重量法
灰分 0.9 g 直接灰化法
ナトリウム 40 mg 原子吸光光度法
食塩相当量 0.10 g 計算法

ポリフェノール


(株)北陸環境科学研究所 報告日:2017年5月19日
環研 第16D-0193901号
検査項目 結果(100g中) 検査方法
ポリフェノール(没色子酸エチルとして) 1800 mg フォーリンデニス法(没食子酸換算)

クィーンズザクロのポリフェノール分析結果

高い数値のポリフェノールが検出されました。


検査結果証明書

クリックすると拡大
クィーンズザクロ 残留農薬一斉分析1-90

(株)環境研究センター検査結果証明書
報告日:2017年12月7日
31000670-001
残留農薬一斉分析(1~90 / 210項目)




クィーンズザクロ 残留農薬一斉分析91-200

(株)環境研究センター検査結果証明書
  報告日:2017年12月7日
31000670-001
残留農薬一斉分析(91~200 / 210項目)

クリックすると拡大
クィーンズザクロ 残留農薬一斉分析201-210

(株)環境研究センター検査結果証明書
  報告日:2017年12月7日
31000670-001
残留農薬一斉分析(201~210 / 210項目)

クリックすると拡大
クィーンズザクロ ヨウ素・セシウム検査

(株)環境研究センター検査結果証明書
報告日:2017年12月18日
31000775-001
ヨウ素・セシウム検査

クリックすると拡大
クィーンズザクロ 成分分析10項目

(株)環境研究センター
  報告日:2017年12月18日
31000776-001
成分分析10項目

クリックすると拡大
クィーンズザクロ ポリフェノール

(株)北陸環境科学研究所
報告日:2017年5月19日
環研 第16D-0193901号
ポリフェノール