• クィーンズザクロは種子の中を取り入れる製法で特許を取得している日本でただひとつのザクロジュース
  • クィーンズザクロは種子の中を取り入れる製法で特許を取得している日本でただひとつのザクロジュース
  • ザクロエキスで日本初の特許商品(種子入り)クィーンズザクロは100%ざくろ果実・ざくろ繊維のみでできています 香料、砂糖、着色料、保存料一切不使用・無添加


更年期について&女性ホルモンを増やすには・・・



古代王国のお妃女様の美しさの秘訣

美しさは女性の永遠のテーマ

古代ペルシャ王国のお妃様達は、その美しさを競い、また保つ為に、競ってザクロの実を食べたそうです。

女性の体と女性ホルモンには密接な関係があります

若さは自分で作るもの

更年期や不妊で悩む方々の間で、
女性ホルモン(エストロゲン)を増やす食品としてザクロが人気があります!


女性ホルモンのバランスが崩れる更年期でお悩みの方は、ぜひ参考に

女性らしくあるためのホルモンは「エストロゲン」です。

女性が、最も女性らしくあるためのホルモンがエストロゲン(卵胞ホルモン)と言われていて、女性の肌をツヤツヤにしたり新陳代謝を活性化する働きもあります。 卵胞ホルモン(エストロゲン)は、エストロン(E1)、エストラジオール(E2)、エストリオール(E3)が3大エストロゲンと呼ばれ、中でもエストラジオール(E2)が最も活性が強く、エストロゲン=エストラジオール(E2)と表記されます。 エストラジオール(E2)は、卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)のことで、子宮内膜を厚くしたり精子の通りを良くする子宮頸管粘液の分泌など、女性を妊娠しやすい状態に整えるホルモンです。

エストロゲンは、40代前後から急激に減少し始めます。

更年期では、エストラジオールが正常値に満たない人が増えます。 更年期障害と呼ばれる症状は、エストラジオールなどエストロゲンの低下が原因ではないかと考えられています。 更年期障害の症状には、自律神経失調(のぼせ、ほてり、めまい、発汗、動悸)、精神神経症状(不眠、うつ、頭重感)などがあります。 エストロゲンが減少するのは、更年期だけではありません。エストロゲンなど女性ホルモンは歳を重ねるごとに徐々に減っていくので、更年期が終わっても減少は続きます。更年期を過ぎ、老年期に入ってから起こりやすい病気も、エストロゲンなど女性ホルモンの減少と関わりがあるとされています。


女性ホルモン(エストロゲン)の低下による症状

女性ホルモン(エストロゲンの低下による症状・グラフ

更年期とは、早い方で40歳〜55歳くらいまでの間に、卵巣から女性ホルモンがだんだん減少していく時期を言います。

40歳くらいまではゆっくりと、40歳からは急激に女性ホルモンが減少します。 女性ホルモン(エストロゲン)が減少すると様々な体の変化が出てきます。

更年期を過ぎると、男性よりも女性ホルモン(エストロゲン)が少なくなります。

女性の体と女性ホルモンには密接な関係があります
女性ホルモン(エストロゲン)の量

エストロゲンが欠乏すると、お肌の老化、乳房の下垂や萎縮、髪の薄毛、肌の乾燥、細かいシワの原因となります。 女性ホルモンを増やすには、食べものから摂取する方法があります。


ざくろ種子に含まれる植物性エストロゲン様物質は、 人間の女性ホルモンと科学構造がまったく同じなのです。 ざくろジュースを飲むことにより、減少する女性ホルモンを補充し更年期の症状を緩和させると考えられています。

女性ホルモン

人間の女性ホルモンの化学構造

植物ホルモン ザクロ、ナツメヤシ

ざくろ種子 植物性エストロゲン様物質の化学構造

イソフラボン

イソフラボン



あなたの女性ホルモン量は大丈夫? チェックしてみましょう!                                                                                           
症状 よくある 少しある ない
頭痛・めまい・肩こりをよく起こす
2
1
0
性欲が衰えた
2
1
0
爪がもろくなった
3
2
0
眠りが浅い
3
2
0
生理不順が激しくなった
3
2
0
月経血量が多く、日数が短くなった
3
2
0
体重が増える傾向にある
3
2
0
顔がほてる、汗をかきやすい
4
2
0
腰や手足の冷えを感じる
4
2
0
息切れ・動悸・イライラをよく起こす
4
2
0
寝つきが悪い
4
3
0
皮膚の弾力性がなくなる
4
3
0
膣炎・排尿障害がある
5
3
0
陰毛のちぢれが伸びてきた
5
3
0
性交痛がある
5
3
0
尿失禁がある
5
4
0
身長が縮んだ
5
3
0


結果はいかがでしたか?
女性ホルモン(エストロゲン)による働きや女性ホルモンが低下するとこのような症状がおこります。


■ 女性ホルモン(エストロゲン)低下による症状

1.コラーゲンの量が減り、みずみずしさやハリが失われる
2.ふくよかさが減少する
3.髪が抜けたり細くなる
4.自律神経が不安定になりのぼせや発汗(ホットフラッシュ)肩こりなどの自律神経失調症状が出る
5.不眠 イライラや鬱(うつ)などの不安症状があらわれる
6.笑ったり、咳やくしゃみで尿が漏れる(尿失禁)
7.肩こり、関節痛、腰痛などが起こりやすくなる
8.女性の心筋梗塞などは閉経10年後ぐらいから多くなる

■ 女性ホルモン(エストロゲン)の主な働き

1.皮膚の水分を保ち真皮のコラーゲンを再生し肌に潤いやハリのあるお肌をつくる
2.髪の美しさを保つ
3.女性らしい丸みのある体をつくる、乳房が膨らむ
4.卵巣内の卵胞を成熟させて排卵、受精に備え活発にし潤わせセックスをスムーズにする
5.受精卵が着床しやすくなるように子宮内膜をあつくし妊娠出産に作用
6.尿漏れしにくくする
7.自律神経を安定させる
8.脳に働きかけ気持ちを明るくし、安定させる
9.脳の活動を活発にする
10.骨にカルシウムをつける役割をする
11.血管を強くし善玉コレステロールを増やして血管を若々しく保ち動脈硬化を防ぐ